生え際の抜け毛対策におすすめの育毛剤・の特徴

男性は30代に入るとヘアサイクルの乱れが多くなり、生え際の後退をはじめ、前頭部、頭頂部の3ヶ所に異常を感じた場合、男性特有の脱毛症を疑う必要があります。これはAGA(男性型脱毛症)と言われており、年齢とともに進行していくことが特徴です。もちろん20代の方でも発症する方も少なくありません。
AGAは男性ホルモンのひとつ「テストステロン」が原因であることが判明しており、テストステロンは男性の体毛や男性らしい体つきなどに作用されることでも知られています。しかし、テストステロンが多いからといってAGAになるというワケでもありません。「毛乳頭細胞」に取り込まれたテストステロンは「5α還元酵素2型」の「リダクターゼ」が皮脂腺で作られると反応を起こします。
その結果「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変換されます。これがAGAの直接的な原因となる物質です。ジヒドロテストステロンは毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え、薄毛を引き起こしてしまうのです。このメカニズムを引き起こす体質は、ほとんどの場合遺伝によって決定されると言われています。

AGAはヘアサイクルが正常に稼動しなくなり、成長期の早い段階で髪の毛が抜け落ちてしまうことが特徴的な現象です。そのため正常であれば2年以上あるヘアサイクルも1年未満になってしまいます。「短い毛が抜ける」という場合はAGAが進行している恐れがあります。髪の毛が十分に成長する前に抜けてしまうため、薄毛に繋がってしまうのです。

逆に女性の場合は、男性のように局所的に薄くなることは少なく、全体的に薄くなっていくのが特徴です。しかしながら女性でも男性型脱毛症になるケースもあり、この場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。これは、女性でも少量の男性ホルモンが分泌されていることに起因しています。
そのため、ヘアサイクルを正常に戻すことがポイントで頭皮環境の正常化、そして脱毛予防が大切になります。

バイオテックではさまざまなヘアケア用品をご用意していますが、「BIO WITH ONE ベータS」は30年以上育毛にこだわり続けた専門サロンのノウハウが凝縮された育毛促進剤。2つの有効成分「エチニルエストラジオール」と「ヒノキチオール」が脱毛の主な要因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)という“活性型の男性ホルモン”を抑制し、「脱毛にブレーキ」をかけます。さらに「育毛のアクセル」を踏む役割も兼ね備えています。

また、「BIO WITH ONE ベータS」は、タキシフォリンに加え、カプサイシン・シアル酸・イソフラボン・フコイダン・カラギーナン・プラセンタ・EGFの7つの有用成分を配合した「AGAIA ラーシュスカルプエッセンス」と併用することでより効果をご実感いただけます。

頭皮環境の改善を目指すためには、シャンプーの見直しも必須です。男性は、界面活性剤にこだわり、数々の有用成分により頭皮環境を整える「BIO WITH ONE シャンプー」を。女性は、決め細やかな泡立ちで髪・頭皮を優しく&スッキリと洗浄。敏感肌の方でも安心してお使いいただける低刺激の「BIMAGE シャンプー」が最適です。
また、界面活性剤の配合量を極限まで抑え、効果を最優先に考えたノンシリコンの「AGAIA シャンプー」は男女ともにオススメです。

育毛剤・シャンプーなどを使ってケアしていくなかで、「おでこに産毛が増えた」・「部屋に落ちている髪の毛が少なくなった」などをご実感いただけると、効果の兆しが出ている証拠に。そのためにも継続的なケアは重要になります。

続きを表示

おすすめの特集Lineup