M字ハゲにおすすめの育毛剤の特徴

M字ハゲのように特徴的な形に薄毛が広がっていく原因として考えられるのは、体質の問題や、AGA(男性型脱毛症)の可能性があげられます。AGAとは、男性に起こる脱毛症の一種。額の生え際や頭頂部から薄毛が進行する、またはその両方で症状が進行していく脱毛症のことを言います。AGAの特徴としては進行性だということで、適切な治療をしなければ進行を抑制することができません。進行のスピードは人それぞれで、早い人では発症してから短期間で薄毛が目立ってしまうことがあるのです。
AGAが発症する原因は、男性ホルモンの影響がひとつにあげられます。男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と結びつくことによって、「ジヒドロテストステロン」に転換されます。このジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を抑制してしまい、薄毛になってしまうということです。このジヒドロテストステロンの影響を受けやすいかどうかは遺伝すると考えられています。

AGAというのは、市販の商品などセルフケアだけでは、なかなか効果が効かない、成果を得るのが困難だったりします。ホルモンの影響で抜け毛になっているときには、病院や専門サロンで診断してもらうことがおすすめです。

バイオテックは育毛専門サロンを全国に58店舗展開し、30年以上にわたり髪にお悩みのお客様に寄り添うサービスを提供しています。これまで培ってきた先進ヘア理論をもとに商品を開発してきており、商品力には自信を持っています。
まずバイオテックの育毛剤には、特許製法のナノエマルジョン製法により浸透力にこだわっています。一般的な市販の育毛剤は粒子が大きく、成分が毛穴から毛根へアプローチしようとしても、角栓様物質が詰まった状態では奥まで浸透させることは不可能。そこで、バイオテックでは独自のナノエマルジョン製法によって、有効成分を100ナノ以下(髪の毛の直径の1000分の1)という極超微粒子化に成功。このナノ化によって有効成分が毛穴の奥の奥まで入り込み、さらに頭皮からもスムーズに浸透していきます。

「BIO WITH ONEベータS」は、育毛にこだわり続けた専門サロンのノウハウを凝縮した育毛促進剤。2つの有効成分「エチニルエストラジオール」と「ヒノキチオール」が脱毛の主な要因とされるDHTという活性型の男性ホルモンを抑制し「脱毛にブレーキ」をかけます。さらに、IGF-1を産生することで「育毛のアクセル」を踏む役割を兼ね備えています。脱毛予防と育毛促進を同時に実現する主力商品になります。

次に「AGAIAラーシュスカルプエッセンス」は、神の木と呼ばれるカラマツから抽出されたタキシフォリンを高濃度で配合。IGF-1と類似したアプローチと毛根周辺の環境を整え、育毛をさらに加速させるWの効果が期待されています。そのタキシフォリンに加え、カプサイシンやイソフラボン、フコイダン、プラセンタなど医学博士が提唱する育毛理論に基づき、有用成分と美容成分を豊富に配合。有用成分が素早く浸透することで、活き活きとした元気な髪へと導きます。

さらにAGAIAラッシュスカルプエッセンスとベータSの両方をお使いいただくと、より有効成分の浸透力が高まるため、併用を推奨しています。

また「BIO WITH ONEローション」は、バイオテックのスペシャルアドバイザーでもある岡嶋研二医学博士の育毛理論に基づいて開発。豊富に配合された有用成分が素早く浸透し、頭皮と毛髪を健やかに保つスカルプ&スキンローションです。
どの商品も自信を持っておすすめできる実績ある商品ですが、目に見える効果をご実感いただくためには、6ヶ月がひとつの目安。日々コツコツとケアを継続していくことは何よりも大切になります。育毛剤で頭皮にアプローチを与えることはもちろん、生活習慣を見直することが改善への第一歩になります。

続きを表示

おすすめの特集Lineup