フケ予防におすすめの特徴

そもそもフケとは頭皮の角質細胞が新陳代謝によって皮膚の奥から表面に押し出され、剥がれ落ちたもの。カラダのアカと同じようなものと考えると分かりやすいでしょう。実はそんなフケは健康な頭皮でも発生していますが、肉眼では見えない大きさなので気がつきません。頭皮に異常が発生すると剥がれる角質細胞が大きくなるため、フケとして認識されます。
そしてフケには「乾性フケ」と「脂性フケ」の2種類に分かれますが、種類が違えば原因も違い対策も異なります。自分がどのタイプかを知るだけでも対策する上で大きなメリットになります。
乾性フケは、頭皮が乾燥してカサカサになっている人に見られるフケで、フケは小さくサラサラしているのが特徴です。その原因は、主に加齢と空気の乾燥。洗浄力が強すぎるシャンプーによっても頭皮の乾燥が引き起こされます。
脂性フケは、逆に頭皮が皮脂によってベタついている人に見られるフケです。頭皮に黄色い皮脂の塊がついたり、赤み、かゆみが強い人は脂性フケの可能性が高いでしょう。その原因は、皮脂の過剰分泌です。皮脂の分泌が多すぎると皮脂に細菌が繁殖し、それによって炎症が引き起こされます。その炎症を治そうとして体内の代謝が高まると皮脂が剥がれ落ち、これがフケになるのです。

このフケの正体というのは剥がれた頭皮。頭皮だけでなく、人間の皮膚は古い角質は定期的に剥がれ、その下から新しい皮膚が出てくる仕組みになっています。したがって、フケが出ること自体は自然現象です。頭皮が健康な状態であれば、出てくるフケの量や状態にも異常はありません。シャンプーを行い頭皮を清潔にしていれば十分に洗い流すことができます。問題は普段からきちんとシャンプーをしているのにフケが目立つケースです。そんなときは、まず頭皮に何らかの異常が起こっていることを疑う必要があります。頭皮にトラブルを引き起こす要因としては「シャンプーをした後にしっかり水分を拭き取っていない、乾かしていない」、「使っているシャンプーの薬効成分が強すぎて、皮脂が洗い流されてしまっている」、「肌に合わないシャンプーを使っている」。というようなことが挙げられます。

そこで、フケを防ぐためにはシャンプー選びが重要です。男性でフケにお悩みの方におすすめしたいシャンプーは、バイオテックの公式通販でも人気の「BIO WITH ONE シャンプー」です。数々の有用成分がたっぷりと配合され、シリコン系ではなくノンシリコン・低刺激にこだわった頭皮に優しいスカルプシャンプーになります。ご愛用いただいているお客様からは、「髪にハリやコシが出るようになった」、「これまでは安い薬用シャンプーを使っていただけど、フケやかゆみが治まった」など嬉しいお声をいただいております。

そのほか、シャンプーの使用方法も大切で、シャンプーのすすぎが不十分だとフケやかゆみ・臭いの原因になります。また、ツメを立てたり強く洗いすぎると、頭皮に傷がつき、同様にフケやかゆみの原因になります。そして、シャンプー後は濡れたままで放置せず、早めに乾かすことがポイント。髪の毛や頭皮を湿った状態で放置すると、頭皮が乾燥し、フケが出やすくなります。このようにシャンプー方法ひとつでもフケ対策を行うことができますので、これまで洗い方を疎かにしていた方は、見直しをおすすめします。
「BIO WITH ONE シャンプー」のほか「AGAIAバブルシャワー」 、「アガイアスパ」など、フケにお悩みの方へのおすすめ商品を用意しております。皮膚トラブルは、頭皮の環境改善が大切なので、生活習慣の改善やヘアケアアイテムで予防・対策することがポイントです。

続きを表示

おすすめの特集Lineup